見た目だけでの判断は

身近なヘルス(整体・病院)をもっと活用しましょう。 中性脂肪 コレステロール 肥満 メタボリックシンドローム。どの言葉も自分には関係ないと安心しきってはいませんか? 2008年の4月よりメタボリックシンドローム健診が義務となっている現実をご存じでしょうか。 メタボリックシンドロームというのは、内臓脂肪型肥満とさらに高血圧、高血糖、高脂血症のうち2症状以上が合併している状態をいいます。 内臓肥満は動脈硬化を悪化させ、心臓病や脳卒中のように命にかかわる病気を招きかねません。この状態が改善されなければ、近い将来には辛い病気になってしまうかも?!という警告だと思って下さい。 ヘルス(整体・病院)での診断基準は、男性腹囲85cm以上、女性で腹囲90cm以上、あわせて血圧、中性脂肪、HDLc、血糖の4つのうち2つの値が基準を超えることです。 見た目に大きな腹囲やぽっこりお腹が出ていたとしても、直接はメタボリックシンドロームとは考えません。 肥満の意味でも使われたりもしますが、これもメタボリックシンドロームを正確には表していません。 見た目には細めでも、内臓脂肪が・・・ということは十分ありえます。ウエストを測っても意味がありません。見た目での判断は禁物です。ウエストではなくへその少し上が腹囲。正しく腹囲を測れない場合は気軽にお近くのヘルス(整体・病院)に相談してみましょう。 以下に当てはまる方は要注意! ・甘いお菓子が好き ・偏食である チョコレート等の甘いお菓子を間食していると、いつのまにかコレステロール値が上がり、突然メタボの診断を下されることがあります。 また飲酒や油物はメタボになりそうなイメージですが、それらを控えているのに体内に脂質が増えてしまうこともあります。そうなると脂肪肝の危険も高まります。 脂肪の摂取が少なくなると逆に脂肪をためこもうとしてしまうことにより脂肪肝になりやすい体になってしまうのです。 結局は日々の悪習慣を正さなければいけないということですね。 甘いものも油ものも全く摂ってはいけないというわけではないのです。 体をコントロールするには心のコントロールも不可欠ということでしょう。 またヘルス(整体・病院)では耳ツボや足ツボをはじめ、投薬以外の治療もできます。

隠れタイプが増加している

見た目は中肉中背ですが、お腹周りに脂肪が付いていたり、体脂肪が多い隠れ肥満の方が増加しています。隠れタイプは、冷え性で疲れやすい方が多く、日頃から運動不足を感じている方が多くなっています。ヘルス(整体・病院)では、栄養バランスの良い食事の方法を・・・

 → 詳しくはこちらから